地震対策には「耐震」「制震」「免震」

地震対策は、地震の揺れに対する「耐えかた」で次の3つに分けることができます。弊社では「コア耐震工法」によって「耐震」を実現します。

「耐震」
揺れに「耐える」
家屋の構造を強化する
木造家屋ではもっとも一般的
「制震」
揺れを「吸収する」
ダンパー装置などを取り付ける
「免震」
揺れを「遮断する」
コストが高い

耐震補強の種類

木造家屋の耐震方法にはいくつか種類があります。一般的には、柱の間に筋交いを新設する、接合部を金物で補強するなどが優先されています。施工箇所と方法を決めるのは耐震診断の結果です。

地盤改善
沈下を修正(液状化や不同沈下したときの応急処置)
支持基盤(固い地盤)まで杭を打って基礎を乗せる
地盤そのものを改良
いずれも家を建てる前に行うのが一般的
基礎強化
ひび(クラック)を補修
無筋コンクリートに有筋コンクリートを新設して接合
構造体(土台・床下の柱)補強
腐ったりシロアリ被害を受けている土台や床下を、新しい木材と取り替えたり「柱根継ぎ」を行う
筋交い新設
梁から土台にかけて斜めの柱(筋交い)を入れる
金物補強
柱と基礎の接合部分の「ほぞ抜け」を防止するため、ホールダウン金物などで接合部を強化する(内側、もしくは外側から施工する)
耐力壁増数(新設)
構造用合板を柱と柱の間に入れる
「耐力壁」の詳しい説明
耐震シェルター設置
鉄骨の枠組みでできた部屋を設置(弊社が日本で初めて開発した「耐震シェルター工法」です)
屋根軽量化
重い瓦屋根を軽い鋼板などに替える

次のページもご参考になります。

お問合せ

お電話のお問合せ 048-970-3530 ?東武防災建設