コア耐震工法のメリット

「コア耐震工法」の最大のメリットは、かける費用に対する効果が高いことです。弊社が開発した「耐力壁」が解体箇所を減らすため費用が安く済むだけでなく、高い耐震性能を誇る「耐震シェルター・鋼耐震」によって、万全な地震対策を施すことが可能です。

更に、「耐震シェルター」内部は新しい内装となるため、リフォームされた一部屋が手に入ります。耐震性改善と新しいお部屋が一度で実現できます。

一般的な耐震補強工法より安価

耐震補強は、耐震診断で求められた「評点」を1.0以上に引き上げることを目標とします。ただ、その費用は大きなものとなります。

弊社が開発したコア耐震工法は、耐震診断結果を高めながら、一般的な耐震工法と比べて安価に抑えることができます。

<参考:耐震診断結果判定表>

 総合評点判定今後の対策
Aグループ1.5〜安心
(倒壊しない)
-
Bグループ1.0〜1.5一応安全
(一応倒壊しない)
専門家の診断を
受ければなお安心
Cグループ0.7〜やや危険
(倒壊する可能性がある)
専門家の診断を受ける
Dグループ0.7未満倒壊または大破壊の危険性あり
(倒壊する可能性が高い)
専門家と補強の相談

耐震補強は、耐震診断結果の評点を1.0以上(AまたはBグループ)に引き上げることが大事です。Dグループの耐震改善は大きな費用がかかりますが、コア耐震工法なら費用を小さく抑えることができます。

家屋の偏心率を改善

「偏心率」とは、家屋の「強さ」と「重さ」がどれくらい釣り合ってないか?を表します。「コア耐震工法」はこの偏心率を改善して耐震性を高めます。

家屋には2つの中心があります。壁の強さ(剛性)の中心である「剛心」と、家屋の重さの中心「重心」です。剛心は壁量とバランスで決まります。壁量が多いことで安心というわけではありません。

剛心と重心の位置が離れていると(偏心)、地震の揺れに対して家屋がねじれ、倒壊の危険性が高くなります。偏心率は耐震診断で算出され、数値が高いと家屋の揺れ幅は大きくなり、耐震性能が低くなります。

「耐震シェルター」内は新しいお部屋に

「コア耐震工法」の費用には、耐震シェルター内の内装施工費も一括して含まれるため、耐震補強と一部屋リフォームがまとめて実現します。地震対策と新しいお部屋が手に入るので、お得な耐震補強と言えます。

一般的な耐震補強は、筋交いや金物補強、耐力壁の新設などを行うため、壁や床、天井を壊して施工します。施工後に内装を新しくしますが、通常は耐震費用とは別に見積もりが必要です。

他にもメリットが

引越し不要
工事期間中でも引っ越す必要がありません
工事期間は2週間
解体撤去、基礎打ち、耐震シェルター・鋼耐震組み立て、内装工事の全工程が、わずか2週間で終了します
古い住宅に最適
増築や建ぺい率低下で建て替えができないなど、古い住宅の耐震性改善に最適です
想定外の地震に対応
構造計算と実験により耐震性が実証されている「耐震シェルター・鋼耐震」を設定するため、阪神淡路大震災クラスの想定外地震がきても、家屋の倒壊を防ぎます

次のページもご参考になります。

お問合せ

お電話のお問合せ 048-970-3530 ?東武防災建設